病気がみえる 1〜11 ホワイト系 本 ネット販促 病気がみえる - チーム医療を担う医療人共通のテキスト

商品の説明

病気がみえる 1〜11 「病気がみえる」医療情報科学研究所定価: ¥ 3600#医療情報科学研究所 #本 #自然/医療・薬学・健康書き込み、マーカーが引いてあるものも複数あります。引っ越しの日程が決まり次第、出品を取り消して処分する予定であることをご了承下さい。また、中古品であることをご理解の上、ご検討宜しくお願いします(^^)商品の情報本・音楽・ゲーム>本>健康/医学商品の状態:傷や汚れあり

商品の情報

サイズ
ブランド aloartist.com
商品の状態 傷や汚れあり
病気がみえる - チーム医療を担う医療人共通のテキスト 病気がみえるvol.11 運動器・整形外科 | 医療情報科学研究所 |本 51TNK2BYP3L._SY291_BO1,204,203

病気がみえる 1〜11 ホワイト系 本 ネット販促 病気がみえる - チーム医療を担う医療人共通のテキスト

aloartist.com

¥11000円 ¥8800円 (税込) 送料込み
1
79

商品の説明

病気がみえる 1〜11 「病気がみえる」医療情報科学研究所定価: ¥ 3600#医療情報科学研究所 #本 #自然/医療・薬学・健康書き込み、マーカーが引いてあるものも複数あります。引っ越しの日程が決まり次第、出品を取り消して処分する予定であることをご了承下さい。また、中古品であることをご理解の上、ご検討宜しくお願いします(^^)商品の情報本・音楽・ゲーム>本>健康/医学商品の状態:傷や汚れあり

商品の情報

サイズ
ブランド aloartist.com
商品の状態 傷や汚れあり

商品の情報

aloartist.com安心への取り組み

お金は事務局に支払われ、評価後に振り込まれます

出品者

まく

本人確認済

スピード発送

この出品者は平均24時間以内に発送しています

コメント (79)

病気がみえる 1〜11
マタタビ.Net
マタタビ.Net 問題集とセットで購入!

サイズもコンパクトで、ボリューム満点のテキストです。価格も低価格でこれ1冊で基礎の理解は充分かと思います!まずは、同じブランドの問題集を買って独学で過去問を解きながら、わからないところは、テキストで復習と言う流れで合格することができます。

2023/06/05

hideki_23
hideki_23 自分が変わりたい人は絶対読むべき

もっと早く出会いたかった本です。他のシリーズもこれから読みたいと思います。

2023/06/02

Amazon カスタマー
Amazon カスタマー 読みやすい

息子の学校の字読書用にと購入しまさかたが、色んな話しがあり、息子は面白いと言ってました。

2023/05/29

日の出 LIKE
日の出 LIKE 一冊読むとかなりお腹は一杯になります。

本書「幻想小説神髄」の冒頭には『発表から幾歳月を経てなお揺るぎない評価を獲得してきた不朽の名作のみを一巻に精選し、歴史的名訳の数々によって読者諸賢の掌上に届けたいと考えたからである。』と記載されている。そして本書「幻想小説神髄」には以下の20作が収められている。本書の巻末に【著者・翻訳者紹介】と5頁が割かれている。要約をする。〇天堂より神の不在を告げる死せるキリストの言葉10  作ジャン・パウル ドイツ 1825年頃没(訳池田信雄1947年生存命)〇ザイスの学徒46 作ノヴァーリス ドイツ 1801年没(訳山室静2000年没)〇金髪のエックベルト31 作ルートヴィヒ・ティーク ドイツ 代表作「長靴をはいた猫」1853年没(訳今泉文子1944年生存命)…ただし本書で訳者の生年は落稿〇黄金宝壺138 作E・T・A・ホフマン ドイツ 1822年没(訳石川道雄1959年没)〇ヴェラ36 作ヴィリエ・ド・リラダン フランス 1889年没(訳齋藤磯雄1985年没)〇アウル・クリーク橋の一事件15 作アンブローズ・ビアス アメリカ 1914年没(訳中村能三1981年没)〇精44 作フィオナ・マクラウド スコットランド(イギリス) 1905年没(訳松村みね子1957年没)〇白魔60 作アーサー・マッケン イギリス 1947年没(訳南條竹則1958年生存命)〇光と影41 作フョードル・ソログープ ロシア 1927年没 訳中山省三郎1947年没)〇大地炎上6 作マルセル・シュウォッブ フランス 1905年没(訳多田智満子2003年没)〇なぞ9 作W・デ・ラ・メア イギリス 1956年没(訳紀田順一郎1935年生存命)〇衣装戸棚14 作トーマス・マン ドイツ 代表作「魔の山」「ヴェニスに死す」1955年没(訳実吉捷郎1962年没)〇バブルクンドの崩壊18 作ロード・ダンセイニ アイルランド 1957年没(訳佐藤正明1948年生存命)〇月の王26 作ギョーム・アポリネール フランス 1918年没(訳窪田般彌2003年没)〇剣を鍛える話(鋳剣)27 作魯迅 中国 1936年没(訳竹内好1977年没)〇父の気がかり3 作フランツ・カフカ ドイツ 代表作「変身」「城」「審判」1924年没(訳池内紀1940年生存命)〇沖の小娘12 作ジュール・シュペルヴィエル フランス 1960年没(訳堀内大學1981年没)〇洞窟18 作エヴゲーニー・イワーノヴィチ・ザミャーチン ロシア 1937年没(訳川端香男里1933年生存命)○クレプシドラ・サナトリウム36 作ブルーノ・シュルツ ポーランド(ユダヤ人) 1942年没(訳工藤幸雄2008年没)○アレフ24 作ホルヘ・ルイス・ボルヘス アルゼンチン 1986年没(訳牛島信明2002年没)なお題名の後の数字はそれぞれの短編の頁数をカウントし、自ら独自に付記したもの。一冊読むとかなりお腹は一杯になります。一頁で縦41文字(14.8センチ)に横18行(10.5センチ)の、読点の後に改行されてスペースが置かれることは殆どないびっしりと文字で埋め尽くされて、解説を含めた614頁に、【著者・翻訳者紹介】5頁が続く(厚さ2.5センチ)。20名もの作者の作品という内容ゆえ、満腹感をもたらすのだろう。でも何処から読んでも良いから、まず短い作品から読み進めていけば、全部読み切れるかもしれない。「剣を鍛える話」は中国が舞台だが、他の作品の舞台は西洋となっている。作者は自分の生きた時代を背景に作品を書いているのであれば、作者の没年からおおよそ作品の時代が推定できる。20名の作者のうち第二次大戦以降に亡くなった者は6名(没年1947年、1856年、1855年、1957年、1960年、1986年)しかいない。舞台が現代のものはない。ところで、「幻想小説神髄」という名前から「幻想」を期待したせいか、読後は少々がっかりしたものだった。「幻想」をトルーキンの『指輪物語』のような"ファンタジー"に近似したものと思っていたから、実際に読んで全く別のものとわかった。魔法や剣や竜といったファンタジーは近年創造されたもののようなのだ。本書に掲載された作品は比較して古いものが多く、こういった魔法や剣や竜とは全く縁がない。姉妹編の「世界幻想文学大全 怪奇小説精華」は「怪奇」という主点から書かれていたから、理解しやすく、読んで楽しかった。が、本書「世界幻想文学大全 幻想小説神髄」は読んで、つかみどころのない作品もあって、”幻想”を読み進めるに意志が必要だった。たとえば、本書を順番に読んでいき、二番目の「ザイスの学徒」で足踏み状態に陥った。なぜなら、この作品には難しい語彙が多かったからだった。読み仮名がわからず、丹念に調べざるをえなかった。…21頁「鑢屑(やすりくず)」 22頁「孜々(しし)と」 23頁「屡々(しばしば)」 25頁「吃驚(きっきょう)」 33頁「斫(き)って」34頁「艱難(かんなん)」 39頁「荒誕(こうたん)」 41頁「鸚鵡(おうむ)」 48頁「蠱惑(こわく)」 53頁「渾一体(こんいったい?)」 54頁「継起(けいき)」 55頁「星辰(せいしん)」 56頁「罩(こ?)めた」 63頁「遍(あまね)き」 64頁「講筵(こうえん)」といった具合。順番に読んでゆくと二番目「ザイスの学徒」で難儀してしまうかもしれないから、これは後で読んだ方がよかったかと思う。四番目の「黄金宝壺」は、138頁分と一番分量(本書全体の23%)がある。しかも、これにもやはり所々に難しい語彙が見られ読むに易くない。…100頁「纏(まと)う」 104頁「併(しか)し」 104頁「箭(や)」 105頁「紫丁香花(らいらっく)」 105頁「泛(うか)べて」 106頁「燦々(さんさん)」 107頁「嗄(か)れた」 110頁「莨(たばこ)」 110頁「填(は)めに」 111頁「游(およ)ぐ」 112頁「嘻々(きき)」 115頁「尾篭(びろう)」 115頁「慇懃(いんぎん)」 119頁「扨(さ)て」 120頁「呀(あ)」 120頁「縋(すが)り付く」 120頁「迸(ほとばし)り」 120頁「循(めぐ)る」 124頁「儂(わし)」 125頁「譬(たとえ)」 129頁「忝(かたじ)けない」 130頁「斯(こ)んな」 133頁「捩(ね)じ」 135頁「可嫌(??)な」 136頁「踰(こ)えて」 136「嗤(わら)う」 137頁「怜瓏(れいろう)たる」 137頁「縺(もつ)れ」 138頁「箝(はさ)めて」 139頁「甫(はじ)めて」 151 頁「蠢(うごめ)き」 154頁「襤褸(ぼろ)」 158頁「涵(ひた)る」 160頁「仙人掌(さぼてん)」 161頁「軈(やが)て」 161頁「棕櫚(しゅろ)」 161頁「耀(かが)やか」 161頁「燦然(さんぜん)」 164頁「竦(すく)んで」 166頁「鐶(かん)」 168頁「彳立(”てきりつ”を”た”で読ませ)って」 177頁「愈々(いよいよ)」 173頁「藉(か)さず」 177頁「拵(こさ)えた」 181頁「搦(から)んで」 182頁「木兎(みみずく)」 183頁「展(ひろ)げる」 185頁「厭(いと)い」 188頁「蹂(ふ)み」 191頁「偶々(たまたま)」 194頁「擒(とら)えられ」 195頁「霽(は)らそうと」 195頁「楚々(そそ)と」 196頁「縋(すが)らせ」 201頁「髷(まげ)」 202頁「癲狂院(てんきょういん)」 203頁「鬘(かつら)」  203頁「鸚鵡(おうむ)」 204頁「微("そ"と読ませ?)っと」 206頁「蟒(”うわばみ”か”おろち”)」 206頁「跨(またが)って」 208頁「聾(ろう)」 208頁「胴間声(どうまごえ)」 210頁「呷(あお)って」 211頁「撓(たわ)められて」 214頁「劈(つんざ)く」 215頁「熾(おこ)る」 215頁「抛(な)げる」 215頁「喊(さけ)ぶ」 215頁「踠(もが)いた」 215頁「繞(まと)った」 216頁「衝(つ)く」 216頁「罩(こ)めて」 216頁「穢(けが)らしい」 216頁「啣(くわ)えて」 217頁「亙(わた)った」 217頁「穿(うが)ちて」 218頁「蹣跚(よろめ?)いて」 220頁「閾(しきい)」 221頁「拵(こしら)えた」 222頁「齎(もたら)して」 225頁「攣(つ)れた」 226頁「訣(わか)れる」 229頁「吝(おし)まざる」 230頁「黙許(もっきょ)して」 231頁「靄(もや)」 232頁「玉簪花(”たまのかんざし”?か”ぎぼうし”?)」 232頁「鬱金花(うこんばな別名檀香梅)」 233頁「弥々(いやいや、または”ますます”?”いよいよ”?)」 233頁「昂然(こうぜん)と」 233頁「擡(もたげ)げて」 235「畢竟(ひっきょう)」 235頁「喃(のう)」 といった具合。だから、これも場合により後回しした方がよいかもしれない、少し難しい語彙が多いから。なお本書の末尾の”解説”中では、『黄金宝壺』は『底本たる岩波文庫版は、これ一作だけで一冊本として刊行されている。』とあるように、文庫に収録されるに十分な内容の作品だとしているから、以上記した難語句を参考にして一気に『黄金宝壺』を読み進めてしまうのも一つの手ではある。この作品の中の151頁「~の下から黒い粗剛い髪の気が飛び出して」は誤植で「~の下から黒い粗剛い髪の毛が飛び出して」が正しいのかもしれないと思った。なお、他の収録された作品では、288頁「篝火(かがりび)」 292頁「敏(さと)い」 383頁「倦(う)み」 386頁「忌々(いまいま)しい」 389頁「喚(わめ)いた」 389頁「愚(おろ)かしさ」 391頁「鴉(からす)」 394頁「悉(ことごと)く」 403頁「苛(さいな)まれた」 405頁「穹窿(きゅうりゅう)」 411頁「奔(はし)って」 499頁「幇間(ほうかん)」 499頁「侏儒(しゅじゅ)」 507頁「杓子(しゃくし)」 588頁「窶(やつ)れ仆(たお)し」 590頁「上梓(じょうし)」 590頁「衒学(げんがく)」といった程度で、それほど、語彙に悩まされることはなかった。本書全体については『幻想』だからだろうか、「比喩」「暗喩」「隠喩」の文章といった作品が多かったような気がする。ただただ『幻想』に囚われずに『文学』という視点に置いて本書を読めば好いだろう。本書は二度読みしたけれど、個人的には、作品「洞窟」は意味がよく分からず、面白さが何処にあるのかさっぱり判らなかった。作品「アレフ」は何だか難しいかった。最後に、気になった文章を一部記してみたい。作品「月の王」の、470頁「狂気じみた男根崇拝者たちが集まった折の、あの不安な遊びに立ち会ったかのように私はすっかり面くらってしまった。」と481頁「『誰かこやつの睾丸を切りとれ!~』」と477頁「~、われわれの耳に達する物音が、夜明けを迎えたの日本のさわやかな雰囲気を呼びさますものであることを私は知った。」であるが、「日本」はこの作品とは一切関係がなく「日本」という言葉が突然使われ「暗喩」なのだろうか?作品「クレプシドラ・サナトリウム」の576頁の「私の目のまえにいるのは一人の人間なのだった。鎖につながれた人間-私はどうしてか、隠喩の大まかな単純化によって、それを犬と思いこんでいたのだ。」はどうだろう。「隠喩」に悩まされている。作品「沖の小娘」の、520頁「別の写真でその少女は、水夫の服装をした男と、よそゆきの身支度をした骨っぽい女の間に挟まって映っていた。沖の小娘は、男も女も一度もまだ見たことがなかったので、彼女はよく、ことに夜ふけて、、急に雷にでも打たれたかのように目が覚めて頭がはっきりする時など、そこに写っているその男と女が何者であるかと、長いこと考えたものであった。」本書でなんだかこの部分が一番気になった。そういった文章を読書によって自分なりに探すののも楽しいかもしれない。

2023/05/29

黒胡椒
黒胡椒 殺人のない東野圭吾名作

殺人事件以外の東野圭吾の作品は珍しいけど良いです。

2023/05/28

creep
creep プロレタリア文学

「改造」に掲載されたものを中心に、プロレタリア文学もしくはそれに類する作品の割合が大きい印象。編者のチョイスに偏りがある印象を受けましたが、むしろバイアスをかけずにこの時代の象徴的な作品を選べば自然とそうなるのかもしれませんね。しかし、そうした普段手に取らないテイストの作品を手軽に読めるのが、こうした短編選の良さだと思います。個人的には伊藤整の「生物祭」という作品に出会えたことが一番の収穫でした。

2023/05/26

黒木湊
黒木湊 教科書

教科書に使う用に買ったのでなんとも言えませんが…読んでみるとなかなか面白いかもです。

2023/05/23

病気がみえる 1〜11

病気がみえる - チーム医療を担う医療人共通のテキスト

病気がみえる - チーム医療を担う医療人共通のテキスト

病気がみえる - チーム医療を担う医療人共通のテキスト

病気がみえる - チーム医療を担う医療人共通のテキスト

病気がみえるvol.11 運動器・整形外科 | 医療情報科学研究所 |本

病気がみえるvol.11 運動器・整形外科 | 医療情報科学研究所 |本

51TNK2BYP3L._SY291_BO1,204,203

51TNK2BYP3L._SY291_BO1,204,203

病気がみえるvol.11 運動器・整形外科 | 医療情報科学研究所 |本

病気がみえるvol.11 運動器・整形外科 | 医療情報科学研究所 |本

関連商品

ホーム > 本・音楽・ゲーム > > 病気がみえる 1〜11 ホワイト系 本 ネット販促 病気がみえる - チーム医療を担う医療人共通のテキスト

Tagタグ

  • 病気がみえる
  • 1〜11
  • 本・音楽・ゲーム
  • 医療情報科学研究所
  • 自然/医療・薬学・健康
  • aloartist.com